ゲームに関する、マイナーな情報を主に扱っているサイト...ま、最近PSP関連しか扱ってないですが・・・
| トップ | PSP ウラ情報 | 用語・略語解説 | 誤字報告 | リンク集 | うpろだ |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

TimeMachine v0.1 

Dark_AleX氏より TimeMachine v0.1 がリリースされました。

このツールはPandora Battery を使用して、過去のファームウェアやカスタムファームウェアをメモリースティックから読み込み起動出来る、というものです。
■用意するもの
  • CFW 2.71 SE 以降のバージョンを導入した PSP-1000/2000

  • Magic Memory Stick

  • JigKick Battery

  • TimeMachine v0.1 ⇒ ダウンロード

  • ファームウェア 1.50 のアップデート用 EBOOT.PBP

  • ファームウェア 3.40 のアップデート用 EBOOT.PBP

■やり方
  1. メモリースティックに各データを配置
  1. TimeMachine v0.1 をダウンロードして解凍する。
    次のようなファイルが出てくる。


  2. 15962_timemachine_0.1/
    ├ 360DUMPER/
    TIMEMACHINE/
    ├ leeme.txt
    └ readme.txt

  3. TIMEMACHINE フォルダを ms0:/PSP/GAME フォルダに入れる。


  4. ファームウェア 1.50 、 3.40 のアップデータの EBOOT.PBP をそれぞれ 150.PBP340.PBP にリネームし、メモリースティックのルートディレクトリに入れる。

    このときのメモリースティック構成例は以下のとおり。


  5. ms0:/
    ├ PSP/
    │└ GAME/
    │ └ TIMEMACHINE/ 
    150.PBP
    340.PBP

  1. インストーラーを起動
  1. PSPを起動し、 XMB の「ゲーム」→「メモリースティック」から「TimeMachine」を起動する。


  2. インストーラーが起動し、下記のようなメッセージが表示される。


  3. TIME MACHINE INSTALLER

    Install iplloader on PSP MS boot sector
    Convert Pandora/DC1-4 ipl into TM format
    Install 1.50 (PHAT)
    Install 1.50 with 3.40 hw modules (PHAT&SLIM)
    Install 3.40 OE (PHAT)
    Install 3.60 M33 (SLIM)

    Exit



  4. 下記の【操作方法】を参考に選択をして、×ボタンを押す。


  5. ファームウェアのインストールはPSP本体の型番に依存しないため、すべてのPSPで実行できるが、インストールしたファームウェアを起動するには型番ごとに制限がある。

    操作方法
    • Install iplloader on PSP MS boot sector

    • PSPにセットしているメモリースティックのブートセクタに TimeMachine IPL Loader をインストールする。

      TimeMachine を使用する場合、 IPL が書き込まれていないメモリースティックでは使用できないため、このメニューを実行してメモリースティックのブートセクタに TimeMachine IPL Loader をインストールしておく必要がある。

      TimeMachine IPL Loader のインストールを実行すると、ms0:/TM/config.txt に設定ファイルが作成され、config.txt を編集することで起動するファームウェアを切り替えることが可能。

      デフォルトの config.txt には以下のように記述されている。

      CROSS = "/TM/150/ipl.bin";
      CIRCLE = "/TM/150_340/ipl.bin";
      TRIANGLE = "/TM/340OE/ipl.bin";
      SQUARE = "/TM/360M33/ipl.bin";
      UP = "/TM/pandora.bin";


    • Convert Pandora/DC1-4 ipl into TM format

    • Pandora's Battery Tool 、または Universal Unbricker 起動用の IPL を TimeMachine 用に変換する。

      TimeMachine から Pandora's Battery Tool もしくは Universal Unbricker を起動するためにはこのメニューを実行しておく必要がある。

      このメニューを実行する際は、それらのインストールを行ったときに作成した msipl.bin をメモリースティックのルートディレクトリに入れておく必要があり、実行後、 TimeMachine 用に変換された IPL は pandora.bin とリネームされ、ms0:/TM フォルダにコピーされる。

    • Install 1.50 (PHAT)

    • ファームウェアバージョンバージョン 1.50 をメモリースティックにインストールして、TimeMachine から起動できるようにする。

      インストールするには、ファームウェア 1.50 のアップデート用 EBOOT.PBP を 150.PBP とリネームして、メモリースティックのルートディレクトリに入れておく必要がある。
      ファームウェアバージョン 1.50 は PSP-1000 のみで起動可能であり、 PSP-2000 では起動不可。

    • Install 1.50 with 3.40 hw modules (PHAT&SLIM)

    • システムソフトウェアバージョン 3.40 のハードウェアモジュールを組み込んだ ファームウェア 1.50 をインストールする。

      PSP-1000、PSP-2000 ともに使用可能。

      このメニューを実行するには、

      150.PBP とリネームしたファームウェア 1.50 のアップデート用 EBOOT.PBP 、
      340.PBP とリネームしたファームウェア 3.40 のアップデート用 EBOOT.PBP 、
      ファームウェア 3.60 のインストールされた PSP-2000 本体から作成した 360.PSAR

      をメモリースティックのルートディレクトリに入れておく必要がある。


    • Install 3.40 OE (PHAT)

    • カスタムファーム 3.40 OE をメモリースティックにインストールして、TimeMachine から起動できるようにする。

      このメニューを実行するには、

      150.PBP とリネームしたファームウェア 1.50 のアップデート用 EBOOT.PBP 、
      340.PBP とリネームしたファームウェア 3.40 のアップデート用 EBOOT.PBP

      をメモリースティックのルートディレクトリに入れておく必要がある。

    • Install 3.60 M33 (SLIM)

    • カスタムファーム 3.60 M33 をメモリースティックにインストールして、TimeMachine から起動できるようにする。

      このメニューを実行するには、メモリースティックのルートディレクトリに 360.PSAR を入れておく必要があります。

    • Exit

    • TIME MACHINE INSTALLER を終了して、 XMB に戻る。

  6. 作成したメモリースティックをPSP本体にセットし、 JigKick Battery を装着した状態で電源を入れると TimeMachine を使用することができる。


  7. その際に、

    何もボタンを押さないと NAND Flash からの起動、

    インストールしたファームウェアに対応したボタンを押しながら起動すると、各種 IPL をブートすることができる。
    ms0:/TM/config.txt の設定がデフォルトの場合は、下記を参照。

    • ×ボタン

    • ファームウェア 1.50
    • ○ボタン

    • 1.50 + 3.40 混合ファームウェア
    • △ボタン

    • カスタムファームウェア 3.40 OE
    • □ボタン

    • カスタムファームウェア 3.60 M33
    • 十字キー上

    • Universal Unbricker
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター
このサイトについて
■サイトについて
当サイトは管理人のSprit (sprit000@gmail.com)が運営しております。コメント担当の管理人であるkin氏(K・K・D)も善意でアシストをして頂いております。
■リンクについて
当サイトはリンクフリーです。 当サイトとの相互リンクをご希望の方は、リンク集のコメント欄にて、お申し込み下さい。
■コメント・トラックバックについて
・少し調べれば分かるような質問はしないこと。
・荒らし、広告、その他不快な内容を書き込まれた場合は削除・制限の対象とします。
・トラックバックは無制限ですが、広告目的などの場合は削除・制限の対象とします。
■免除事項
当サイトに記載されている事を実行し、どんな不利益が生じようとも、一切の責任を負いません。
最近の記事 + コメント
QRコード
QRコード
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。